新版唐代墓志所在総合目録(増订版)

编辑:黑色网互动百科 时间:2019-11-13 14:02:39
编辑 锁定
《新版唐代墓志所在総合目録(増订版)》是2009年汲古书院出版社出版的图书,作者是气贺泽保规编。
作    者
氣賀澤保規 編
ISBN
9784762995040
出版社
汲古書院
出版时间
2009-10-30
副标题
明治大学東洋史資料叢刊(5)

目录

新版唐代墓志所在総合目録(増订版)内容介绍

编辑
【前言】より
唐代史を研究する上で墓志は贵重な一次史料である。だがそれらの全容や所在を体系的に把握できる态势が整っていない。もしもそれらを一堂に网罗できるのであれば、研究に资するところは必ずや大きいはずである。そのような个人的な关心と必要性に基づいて、1997年に『唐代墓志所在総合目録』(墓志5,482点、墓志盖344点の合计5,826点を收载)を出した。幸いなことにそれは一定の评价が得られた上、できれば墓志检索の索引もほしいとの要望がもたらされた。そこで2004年に墓志索引を加え、またその後の情报を盛り込み体裁も改めた『新版唐代墓志所在総合目録』(6,828点收载)を刊行した。しかしその後も墓志资料集类は次々と出版されるため、それらの收集や整理を新たに成立した明治大学东アジア石刻文物研究所(2006年4月)の仕事とし、5年という时?の经过をまって、ここに「増订版」として学界に送り出すことにした。
『新版 唐代墓志所在総合目録(増订版)』は、唐代(618~907)の期?中に中国领内で作成された墓志(铭)を、2008年末までに刊行された关系图书などから取り出し、年号别、年代顺に分类配列して、その所在状况を明らかにしたものである。これにあわせて前『新版』の误りを可能な限り修正し、また『新版』にならい、卷末には墓志名索引を用意した。なお情报量の?加と利用の便から、2页见开きで使用する形式をとる纵型B5版に改めた。上述したように、この『増订版』は二つの面から情报が追加されている。一つはいうまでもなく从来名前が知られなかった墓志の所在を掲げたことである。もう一つはすでに『新版』に名前があがっていた墓志に、さらに所在情报を?补したことである。私たちはこの两面の情报を同じレベルで重要であると认识し、可能な限り把握に努め收载した。この『増订版』によって研究の进展に一层贡献できることを愿っている。
ここで参考までに、『増订版』に新たに追加、?补された墓志・墓志盖の各合计、および本书掲载の总数をあげておくと、以下の如くである。
①新たに追加された墓志・墓志盖:1,909点
②前『新版』所载の墓志・墓志盖に所在データを?补したもの
:1,819点(箇所)
③新たに追加・?补した墓志情报の总数
:3,728点(1,909点+1,819点)
④当『増订版』所载の墓志・墓志盖の总数
:8,737点(新版6,828点+1,909点)
[1] 
参考资料
词条标签:
文学书籍 出版物 书籍